趣味のおはなし

唐突ですが、僕は漫画を読むのが好きです。

でも最近はなかなか本を買いに行く時間もないし、置く場所もないし…

と思っていたところで、ふと思いつきました。「Kindleでダウンロード購入して読んでみよう」と。

幸いうちには、数年前に妹からもらったiPad miniがあるので、これでやってみることに。まあKindleでダウンロードするのは初めてではないし、とにかくやってみようと。

で、肝心のコンテンツですが、ずっと続きが気になっていた「げんしけん二代目」をチョイスしました。16巻で止まっていたので、17巻をダウンロード。

Kindleの読みやすさ云々については割愛しますが、iPad miniでも十分読めます。欲を言えばもう少し画面が大きければ、とも思うけれど。

(ここから先、ネタバレを含みます)

 

 

ふむ、なるほど。班目がねえ。ハーレム展開と。

誰が想像できただろうか。

波戸くんがねえ。うーむ。

と、読み進めていったら、止まらなくなってしまって一気に最終巻までダウンロードしてしまいました。

これは好き嫌いあるかもしれないけど、最後の20〜21巻あたりの盛り上がりというか、これは本当に恋愛物のドラマか映画を観ているようでした。

日光東照宮でのくだりなんかは、本当に「どうなってしまうのか…?」とハラハラしながら読み進めました。いい年したおっさんが。ほっといてくれ。

個人的には班目と波戸くんの未来も見てみたかったけれど、でもあれで良かったんだろうな。

笹妹が波戸くんのことを「アイツはダメだ」「マジで腐ってんぞ」みたいに言っていたのをイマイチ理解しきれなかったのは、自分が男だからなのか?いずれにしても、あの年代の男女の感情が、ものすごくリアルに表現されていたように思います。偉そうに言うほど知らんけどさ、男女の感情とか。

結末でスーと班目が…となったわけですが、「それでいいのか?」「この二人はそんなに好きだったのか?」と疑問符が浮かびました。

落としどころとしてはいいんだろうけど、釈然としない…のは、やっぱり班目×波戸の流れが強かったからなのか。まあそうは言っても、ただの漫画であればそれでハッピーエンドにできるのかもしれないけど、本当に「その先」のことを考えると。怖くもあり、苦悩もあるだろう。そういう意味でも「リアル」な表現だったのかも。

続編があってもなくてもいいけど、またこの人の作品が読めるのを楽しみにしています。

久しぶりに更新したと思ったら、ひたすら趣味の話ですみません。興味のない人には全くどうでもいい話と思いますが。

制作も少しずつですが、進めています。

そっちもどうでもいいって?

まあ、そうおっしゃらず。

暑い日が続きますね、どうぞご自愛ください。

IMG_5998

なにが?

え?

なんだって?

写真?前回の?

わからなかったって?

別にいいんだよ、わかろうとしなくて。世の中、必ずしも意味のあることばかりじゃないんだ。

今日も一日、ありがとう。

IMG_5329

 

おひさしぶりです

会うのは、何ヶ月ぶりかな。また会えて嬉しいです。

しばらく会わなかったけど、あまり変わってないね。僕は、ここ数ヶ月で少し体重が増えました。ご飯の量を少し減らしてもらったり、昼休みは軽くジョギングしたりしています(できるときは)。

今度、おすすめのBGMがあったら教えてください。

 

IMG_5399

巡りゆく季節

寒かった冬の日々がいつの間にか過ぎ去る。

桜の花が咲き、やがて散ってゆく。

枝いっぱいに緑が広がり、夏の始まりを告げる。

今年もまた、桜の花を見ることができた。なぜか、とても懐かしい気持ちになった。

いろいろなことがあって、

でも、毎年変わらずに桜は咲いて、

そうして季節は、日々は過ぎてゆく。今日も、明日も。

IMG_4959

剣の山

 

ふう…

やっぱりいいな、レコードは…

 

何を聞いてるの?

 

これかい?

John ColtraneのBlue Train、さ

 

ジャズって素敵ね…それになんだか、レコードって雰囲気がいいわね。

 

そうだろう、やはりアナログならではだよ。デジタルのCDや、ましてMP3などではとてもこの暖かみのある音は出せないね。

 

わたし、難しいことはわからないけど…でも、好きだわ。こういうの。

 

そう言って彼女は、ソファに座っている私の横へ滑りこんできた。そしておもむろに、私の手に少し火照った彼女の手を「ほらほら、もうそのへんにしときなさいよ!」

 

ユウキ「なんなんですか、もう!いいところだったのに!」

 

「何もかにもないわよ!何がジョンコルトレーンのブルートレインよ!気取ってんじゃないわよ!あんたさっきまでアニメ主題歌集の”翔べ!ダンバイン”を聞いて喜んでたじゃないの!」

 

ユウキ「や、やめてくださいよ!だいたい、一体全体だれなんですか、あなたは!」

 

「忘れたの…?忘れた、っていうの…?私の事を…」

 

ユウキ「どちらさまでしたっけ?」

 

「いいわ、思い出させてあげるわ…私こそは、あんたの脳内嫁の加湿器子さん(3台目)よ!」

 

ユウキ「…3台目…?」

 

「人呼んで、3台目加湿器子さんよ!今日から三代目と呼びなさい!」

 

ユウキ「脳内嫁、とは?」

 

「三代目にはツッコミなしなのね…まあいいわ、あんたの脳内だけに存在する嫁ってことよ!どうでもいいけど、ジョンコルトレーンのブルートレインって、ブルーハーツみたいね」

 

ユウキ「トレイントレインってことですか?心の底からどうでもいいですね。嫁にした覚えもないですしね」

 

「三代目加湿器子さん、見!参!」

 

ユウキ「あぶない!やめてください、剣山を振り回すのは!」

 

「久しぶりの登場なんだから、このくらいさせなさいよ!心のスキマ、埋めていくわよ!」

 

とりあえず今日はこんなところで…

ありがとう2012年

実家に行くため、京王井の頭線の吉祥寺駅で電車に乗る。

この駅は終点のため、電車の先頭に乗っていた運転士さんが車掌さんと交代する。交代する時の指差確認、合図。キビキビしていて、とても格好がいい。見ていて気分も良くなるというものだ。

子どもの頃に憧れた、運転士さんや車掌さんは、今は恐らく自分よりも若い男性だったり、女性だったりもする。

少し不思議な感じだ。

自分も彼らのように、社会の一員として恥ずかしくない生き方ができているだろうか?

そんな事を考えつつ、実家の駅に到着。子どもの頃と少し違う風景、変わらない空気。

2012年大晦日、今日も友達に助けてもらいました。

たくさんの人たちに支えられ、助けてもらいながら過ごした一年間。

本当にありがとうございました。皆さんにとって、新しい年が良い年になりますように。

困難の中にも希望を見出し、助け合って苦難を乗り越えましょう。良いお年を!

大人がタバコを道に投げ捨てれば、子供もゴミを道に捨てる。

「大人が捨ててるんだから、それでいいんだ」

大人が横断歩道のないところを渡れば、子供も、真似をして渡る。

「大人が渡ってるんだから、渡っていいんだ」

大人が人を殴れば、子供は他の子を殴る。

大人が弱い人を蔑めば、子供は弱い子供を見下す。

大人が集まって一人を攻撃すれば、子供は集まって一人の子を苛める。

「大人がしていることなんだから、自分たちもしていいんだ」

人を憎むことは容易く、人を赦す事は難しい。

誰かが、卵を産むことを止めなければ、殻は割れ、憎しみと悲しみが産まれ続けるのだろう。

怒る事は容易く、我慢する事は難しい。

今の大人たちが互いを尊重しあい、助け合い、信頼しあって生きていくことができたなら。

子供たちも、未来に、世界に希望を持てるようになるのだろう。

きっと出来るはずだ。

君にも、僕にも。

__1.JPG

感情というもの

怒り、悲しみ。憎しみ、苦しみ。楽しみ、喜び。

生命はどこから来て、どこへ還っていくのか。

そんな事を考えずにはいられない今日この頃ですが、

まあそんな事はひとまず置いといて、一日の疲れを癒すのも良いと思うんですよ。

こんな感じで。

http://www.youtube.com/watch?v=FxMOOyQI99g&feature=b-cat-pets

皆が和やかに、穏やかに生きていられる世の中だったら、どんなに良いだろう。

夏の終わり

暑く、辛かった夏も、ようやく終わりが見えてきたように思えます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ユウキ@mishearingです。

僕は、もうすぐ終わってしまう夏の余韻にひたっています。

とは言っても、まだまだ残暑は続くらしいですが。今日のところはとりあえず、久しぶりに好きな音楽に心をゆだねながら、のんびりしてみようと思います。

noname.JPG

 

ファイト一発

バルタン、いやリポタン、あれ?リコピン?まあどうでもいいや。

疲れた時には、車の中で大音量でロックンロールを聴くに限ります。近隣の皆様、ご迷惑をおかけします。

ああそうさ、俺たちは世界の、ギリギリの崖っぷちに生きているんだ。だからって、生きてる事を、生かしてもらっていることを楽しまないでどうするんだ。目一杯、精一杯生きて、それを楽しめばいい。

というわけで、音源を作っています。