なにが?

え?

なんだって?

写真?前回の?

わからなかったって?

別にいいんだよ、わかろうとしなくて。世の中、必ずしも意味のあることばかりじゃないんだ。

今日も一日、ありがとう。

IMG_5329

 

おひさしぶりです

会うのは、何ヶ月ぶりかな。また会えて嬉しいです。

しばらく会わなかったけど、あまり変わってないね。僕は、ここ数ヶ月で少し体重が増えました。ご飯の量を少し減らしてもらったり、昼休みは軽くジョギングしたりしています(できるときは)。

今度、おすすめのBGMがあったら教えてください。

 

IMG_5399

巡りゆく季節

寒かった冬の日々がいつの間にか過ぎ去る。

桜の花が咲き、やがて散ってゆく。

枝いっぱいに緑が広がり、夏の始まりを告げる。

今年もまた、桜の花を見ることができた。なぜか、とても懐かしい気持ちになった。

いろいろなことがあって、

でも、毎年変わらずに桜は咲いて、

そうして季節は、日々は過ぎてゆく。今日も、明日も。

IMG_4959

剣の山

 

ふう…

やっぱりいいな、レコードは…

 

何を聞いてるの?

 

これかい?

John ColtraneのBlue Train、さ

 

ジャズって素敵ね…それになんだか、レコードって雰囲気がいいわね。

 

そうだろう、やはりアナログならではだよ。デジタルのCDや、ましてMP3などではとてもこの暖かみのある音は出せないね。

 

わたし、難しいことはわからないけど…でも、好きだわ。こういうの。

 

そう言って彼女は、ソファに座っている私の横へ滑りこんできた。そしておもむろに、私の手に少し火照った彼女の手を「ほらほら、もうそのへんにしときなさいよ!」

 

ユウキ「なんなんですか、もう!いいところだったのに!」

 

「何もかにもないわよ!何がジョンコルトレーンのブルートレインよ!気取ってんじゃないわよ!あんたさっきまでアニメ主題歌集の”翔べ!ダンバイン”を聞いて喜んでたじゃないの!」

 

ユウキ「や、やめてくださいよ!だいたい、一体全体だれなんですか、あなたは!」

 

「忘れたの…?忘れた、っていうの…?私の事を…」

 

ユウキ「どちらさまでしたっけ?」

 

「いいわ、思い出させてあげるわ…私こそは、あんたの脳内嫁の加湿器子さん(3台目)よ!」

 

ユウキ「…3台目…?」

 

「人呼んで、3台目加湿器子さんよ!今日から三代目と呼びなさい!」

 

ユウキ「脳内嫁、とは?」

 

「三代目にはツッコミなしなのね…まあいいわ、あんたの脳内だけに存在する嫁ってことよ!どうでもいいけど、ジョンコルトレーンのブルートレインって、ブルーハーツみたいね」

 

ユウキ「トレイントレインってことですか?心の底からどうでもいいですね。嫁にした覚えもないですしね」

 

「三代目加湿器子さん、見!参!」

 

ユウキ「あぶない!やめてください、剣山を振り回すのは!」

 

「久しぶりの登場なんだから、このくらいさせなさいよ!心のスキマ、埋めていくわよ!」

 

とりあえず今日はこんなところで…

レコード

先日もお伝えしましたように、私は最近レコードを買いました。

LPレコード、です。

ですが、うちにはプレーヤーがありません。

でした。

ので、買いました。

これです。

IMG_4462

Amazonで買いました。ついでに言うと、オーディオアンプもです。プレーヤーの横で赤く光ってるのが、そうです。

ドキドキしながら、再生してみました。

おお、回っている(当たり前)。

音が出た!(出るだろ)

と、脳内でツッコミを入れつつも、初めてのレコードの音に感動したのでした。

なんか、いいですね。やっぱり。

本格的なオーディオマニアの方が見たら笑われてしまうような、質素なシステムだけど。

そこから流れてくる音は、音楽は。この時を待っていたかのように、自分の体に流れ込んでくるのでした。

レコード、少しずつ集めてみたいな、と思ってしまいました。

 

人生初の…

皆さま、新年おめでとうございます。

気づけば成人の日もとうに過ぎ、1月も半ばを迎えようとしています。ちなみに今、「皆さま新年」と入力しようとして「皆さま氏ね」とミスタッチしてしまいました。新年早々、大変申し訳ございません。そんな相変わらずの日々を過ごしております。

ところで「人生初の」ですが、コレです。

IMG_4160

そうです。レコードです。

バート・バカラックの「明日に向かって撃て」のサウンドトラックですね。先日、急きょ思い立って某オークションサイトで購入しました。

この中に収録されている、”Raindrops keep fallin’ on my head”(邦題:雨に濡れても)という曲が好きなのです。

いつから、と正確には思い出せないのですが、ずっとずっと前。物心ついたくらいの頃に聞いて、思い出の中に残っている音楽。

「何か一曲、今まで生きてきた中で一番好きな曲を挙げなさい」と言われたら、この曲を選びます。

美しくて、どこか切ないメロディー。B.Jトーマスの優しく温かい歌声。

それだけ好きな曲にも関わらず、今までCDを買おうとはしませんでした。大切な曲だからこそ、買えなかった。

僕はよくラジオを聞くのですが、時々、偶然にこの曲がラジオでかかる事があります。有名な曲なのでまあ当たり前かもしれませんが。

その、「偶然にラジオでかかる」のを聞くので十分、だったのです。うまく言えないですが、それが僕にとっての「大切な曲」でした。

ですが先日、なぜか「レコードを買ってみよう」と思い立ち、さて何のレコードにしようかと考えた時に、真っ先にこの曲が思い浮かんだのです。

CDではどうしても買おうと思えなかったこの曲。

レコードなら…

ラジオから偶然に流れるのを聞くのも、とても幸せでした。

これからは、いつでも聞けるのです。それはそれで、やっぱり幸せなこと。

問題は…

うちにはプレーヤーがない、ってことだけで。

 

 

 

 

 

居場所

自分の居場所。

十代の後半、二十代。漠然と、「自分の居場所はここじゃない」と思っていた。

どこか、ここではない場所。

遠くへ行くのが好きで、でもそれだけのために遠出するわけでもなくて。

やりたい事はたくさんあって、行きたいところもたくさんあって。

今でも、その気持ちは変わらないけど、やらなきゃならない事に追われる毎日。

でも、そんな毎日にも喜びがあり、驚きがある。

いいじゃないか、ここも自分の居場所だ。

まだ、行きたいところにも行ける。やりたい事もできる。

大事なのは、自分の足元を見失わないことだ。

多分。

img_3963

書きます、ええ書きますから

わかってますってば。書きますよ。

ええと何だっけ。

このCD、ずいぶん前に買ったものなんですけど。久しぶりに聞こうかな、と思って引っ張りだしてみました。CD2枚+DVDという特別仕様。

5年くらい前だったかな?当時、ラジオからこの人の歌が流れてきて、そのハスキーかつエネルギッシュな声に心を奪われたものでした。CDを探して、おおライブ盤があるじゃないか、と購入して聞き倒し、これは実際のライブも観たい!と思って検索したところ、おお来日するのか!ということでチケットを買って観に行きました。

で、時は流れて現在。前述の通り、このCDを引っ張りだして聞いてみようと思いました。そして、当時は気に留めていなかった「DVD」の存在に気がついたのです。

まあどうせプロモーションビデオでしょ、俺が観たいのはライブ映像だし、と思って全くスルーしていたのです。

今日このCDのクレジットを見直していたところ、どうやらこのボーナスDVDにはプロモーションビデオと共に、CDに収録されているライブが丸ごと収録されているらしいということが判明しました。

なにそれ!最初からライブDVDで販売すればいいじゃん!なんでライブCDのおまけでライブDVDつけてんの!

まあいろいろ事情があるんでしょうけど、そんなわけでこれからDVDを観てみます。

よーし、この調子で書くぞー。

 

img_3726

ちょっと書きます

こんばんは。ご無沙汰しております。

何か書かなければと思ったので書きます。

世の中は色々と、騒がしいことになっていますが。

今年の3月に祖母が亡くなり、明日は新盆です。

父が家族を離れてから、どこかで自分の生きる指針となってくれていた。そんな祖母でした。

心穏やかに、迎えることができますように。

あなたに、光を

とこしえの、光を。

DSCN0789.JPG

ありがとう2012年

実家に行くため、京王井の頭線の吉祥寺駅で電車に乗る。

この駅は終点のため、電車の先頭に乗っていた運転士さんが車掌さんと交代する。交代する時の指差確認、合図。キビキビしていて、とても格好がいい。見ていて気分も良くなるというものだ。

子どもの頃に憧れた、運転士さんや車掌さんは、今は恐らく自分よりも若い男性だったり、女性だったりもする。

少し不思議な感じだ。

自分も彼らのように、社会の一員として恥ずかしくない生き方ができているだろうか?

そんな事を考えつつ、実家の駅に到着。子どもの頃と少し違う風景、変わらない空気。

2012年大晦日、今日も友達に助けてもらいました。

たくさんの人たちに支えられ、助けてもらいながら過ごした一年間。

本当にありがとうございました。皆さんにとって、新しい年が良い年になりますように。

困難の中にも希望を見出し、助け合って苦難を乗り越えましょう。良いお年を!