夏の終わり

暑く、辛かった夏も、ようやく終わりが見えてきたように思えます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ユウキ@mishearingです。

僕は、もうすぐ終わってしまう夏の余韻にひたっています。

とは言っても、まだまだ残暑は続くらしいですが。今日のところはとりあえず、久しぶりに好きな音楽に心をゆだねながら、のんびりしてみようと思います。

noname.JPG

 

ファイト一発

バルタン、いやリポタン、あれ?リコピン?まあどうでもいいや。

疲れた時には、車の中で大音量でロックンロールを聴くに限ります。近隣の皆様、ご迷惑をおかけします。

ああそうさ、俺たちは世界の、ギリギリの崖っぷちに生きているんだ。だからって、生きてる事を、生かしてもらっていることを楽しまないでどうするんだ。目一杯、精一杯生きて、それを楽しめばいい。

というわけで、音源を作っています。

某飲食店にて

現在、その店では会計時に割引サービス券を配布しているらしい。

自分がいつものように注文をして、出てきた牛丼を黙々と食べていた時のこと。

食事を終え、会計をしようとレジに向かう男性客。

女性店員「お会計、570円になりまーす」

男性客はちょうど570円を渡し、そのまま店を出ようとした。

女性店員は慌てて男性客を呼びとめ「サービス券大丈夫ですか?!」と言った。

男性客は何も言わず振り返り、サービス券を受け取って、店を後にした。

この場合、「大丈夫ですか?」は果たして当てはまるのだろうか。とっさに出てしまったのだろうし、言いたいことは分かる。

さて、今回のケースで次のうち本当に当てはまるのはどれでしょう。

A 「サービス券大丈夫ですか?」

B 「お客様、ただいまサービス券をお配りしておりますので、よろしかったらお持ちください」

C 「サービスいりませんか?」

D 「お客様、大丈夫ですか?」

正解はありませんが、不正解は多分あります。

自分は740円を支払って、店を出てきました。

サービス券だけもらって、帰ってきましたとさ。

違和感

「サンテンイチイチ」と略するテレビ、ラジオ。

「そんなに気になりますかねえ」という、職場の同僚。

仕事に追われ、ただ日々を過ごしている自分。

本当のことは、正しいことは、きっと誰もわからないし、誰も教えてくれない。

だから、みんながそれぞれ、自分が「正しい」と思うことを、信じることを実行していくしかない。

自分は、楽天的な方だと思う。「何とかなる」と、いつも思う。そして、行動する。

結果的に「何とかなった」ことが多いが、それは考えが足りずに行動してしまう自分を、周りの人たちがいつも支え、助けてくれたからに他ならない。周りの人にとっては迷惑きわまりないかもしれないが。

だから、今日も思う。

「大丈夫、何とかなる」

「だから、まずやってみよう」と。

しかし、こうも思う。全てのことが「何とかなる」わけではない。

「どうにもならない」ことだって、ある。「やってはいけないこと」もある。

「やってみて、ダメだった。どうにもならなかった」

こんなこともある。

その、「ダメだった」ことを、もう一度やってみたいのなら。どうしてダメだったのか、どうにもならなくなってしまったのか。理由を、原因をとことん追究し、「二度と同じ失敗を繰り返さない」と確信できてからにするべきだ。

原発を再稼動させようと言うのなら、どうしても動かそうというのなら、今度は絶対に大丈夫だというのなら。

一年前の事故の始末をキレイにつけてからにするべきだ。

核燃料は取り出せましたか?全ての地域で除染作業が行われ、安全が確保されましたか?福島県は、東北は、日本は、また元通り安全に暮らせるようになりましたか?

「枝野経済産業相は7日、読売新聞のインタビューに応じ、定期検査で停止中の原子力発電所の再稼働について、地元に合意を求める前に、首相と経産相ら関係3閣僚が政治判断することを明らかにした。」

「首相、官房長官、経産相、原発相からなる関係閣僚会議で国の判断を出した上で、地元自治体の合意を求める。その後、再稼働について国が最終判断する。」(YahooJAPANニュースより引用)

「関係閣僚」の皆さん。あなたがたは「国」の中で、ごく一部の役割を担っているに過ぎない。

あなたがたが「国」なのではない。

原発を再稼動するかどうかを「国」が決めるというのなら、国民一人一人に問うべきだ。決めさせるべきだ。

1億2700万人に、聞いてください。

「原発は絶対安全のはずでした。でも、事故が起きて、放射能を国中に撒き散らしました。まだ事故が起きた原発は壊れたままで、この先何十年、何百年かかっても元にもどせるかわかりません。またいつ大きな地震が起きて、今は止まっている原発が壊れてしまうかわかりません。また、同じような恐ろしい事故が起きてしまうかもしれません」

「もう一回、原発を動かしてもいいですか?」

何のために?

「今度は大丈夫ですから」

何を根拠に?

決めるのは、政府ではない。我々、一人一人だ。

 

近況

寒い日が続いています。いかがお過ごしですか?

最近の製作環境です。

120113_2308~01.jpg

こんな感じで、曲を作ったりギターを弾いたり。しています。

何だか、とってつけた感が満載の写真ですが、そんなことはありません。

油断すると新しい機材が欲しくなって、曲を作るより先に機材が気になったりしてしまったりしちゃっちゃったりしていますが、新年の誓い通り、要らないものは買いません。

最近ラジオを聴いていて、素晴らしいミュージシャンに出会いました。これだから、ラジオを聴くのはやめられない。そのミュージシャンは2月に来日するらしいので、何とかライブを観にいきたい。仕事を休んででも行きたい。けど、無理だろうな。

とか何とか思いつつ、今日もギターを弾いたりしています。

 

福島の、米

こんな記事を見た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000073-mai-soci

多分、販売すること自体に賛否両論があると思う。
放射性物質について、放射能について、ある程度の知識がある人や、
買わない人は、意地でも買わないと思う。
もちろん、それはそれで良いと思うんだ。
一番大切なのは、あなたの、そしてまわりの人たちの体だ。
「自分にとって」最善であると思われる方法を取っていかなければならない。

でも、こういった取り組みは文字通り命がけで行われている。
数年先、数十年先に、これが吉と出るか、凶と出るか。
今の時点では、少なくとも自分には分からない。

再生への一歩だと信じて、自分は応援したい。
信じたい。

キレイ事を言うなら、嘘をつく方がまだマシだぜ。

2012年

明けました。まずは何より、元気に新年を迎えられたことに感謝します。

今年の目標:
・無駄使いをしない
・ギターを買わない
・iphoneとか買わない
・とにかくいらないものを買わない

他には「ブログを更新する」「音楽活動を再開する」「安全運転」など、挙げればキリがないですが、

一番の目標は「初心に帰る」です。人間関係、仕事、その他諸々…。

怠けて仕事でつまらない、時には大きなミスをしたり、言わなくても良い事を言って人に嫌な思いをさせたり…全て、自分の「甘え」によるものです。激動の2011年が過ぎ、何とか無事に新しい年を迎えさえてもらったこの折、自分を見つめなおして行きたいと思います。

そんなわけで、今年はmishearingとしての活動も初心に帰り、原点に立ち戻り、頑張っていきます。年末に会った友達とも、何かの形で一緒にやれたらいいなあ。

こんな拙いブログを、それでも見てくれている皆さん、ありがとう。

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

最後になりましたが、東北の被災地の方々に。まだまだ、闘いは続くと思います。出来る限りの形で、応援させて頂きたいと思います。

希望を持って、一歩ずつ。復興を心よりお祈りしています。

画像 951-1.JPG

(写真:2011年4月29日 福島県南相馬市原町区)

歩道橋の上から

見かけた革ジャンに息切らし駆け寄った、人ごみの中。

ドキドキすることは、やっぱり未だに止められません。具体的に何かは、まあ秘密です。

さあてと、最低でも週に一度、出来れば3日に一度のペースで更新しているブログでも書くかなー。

ん?

あれ?

おかしいな。

目の錯覚か?

えーと、前回の更新が11月の…11月?

11月の…8日?

じゃあ今日は11月の20日だな、うん。1週間以上過ぎちゃったけど、このくらいなら仕方ないよな。

いやー、今年もあと1ヶ月と少しかー。

…。

あれ?

12…月?

20…日?

今日?

いやいや、そんな馬鹿な。今年があと11日しか残っていないなんて、そんな馬鹿なことがあるはずない。

そうか…

12月か…。認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものを…。

12月と言えば、なんだったっけな。忘年会だな。今年は会社の忘年会はナシ、とのことだから例年通りG犬たちに連絡を取るかな。

と、いつもの仲間に忘年会のお誘いをかけたところ、篠D君から「今年は参加できない」との連絡が。

小一時間かけて理由を問い詰めたところ、

・引っ越すらしい
・予定は3月らしい
・一人ではないらしい
・大リーガーらしい

以上のような情報が手に入りました。

何だかよく分からないが、どちらかと言うとめでたい感じがしないこともないので、これ以上は追求しないことにします。とりあえず。

友よいざ進め、己が信ずるままに。君の目の前の信号は、青だ。

111215_1512~02.jpg

もっと勝手に恋したり

お、いかんいかん。そろそろ更新をしなければ。

ええと。ワインレッド。消えそうに燃えそうな、ワインレッド。

なんでしょう、この「ワインレッド」という言葉に含まれた、何というか、切なさというか、うまく言えないですが。高校生の頃、同級生のT君が持っていたギブソンのレスポールは、それはそれは綺麗なワインレッドでした。

そしてこのたび、我が家にまた家族が増えました。

111108_2304~01.jpg

フェン田テレ子です。家族とか言って、苗字違うじゃん。

テレ子はパッと見は黒に見えますが、実は違います。「ミッドナイトワイン」という色です。音もいかしてますが、正直見た目に魅かれて買いました。

でも、冷静になって見ると、普通の紫に見えないこともな…いやいや、ミッドナイトワインです。というわけで、毎晩ジャカスカ弾き倒してます。

更新をサボっている間に増えた家族は、実はもう一本あるのですが。それはまた次回。

え?

もう増えませんよ。ホントですよ。

たぶん。

まさかの2連投

今ですね、これを聞いてました。

111105_0001~01.jpg

懐かしい。何年前だ?これ作ったの。

mishearing 「first blow」

もう5~6年前になるんだろうか。あの時やりたかったこと、全てではないけれど、限りなく目一杯を詰め込んだアルバム。

熊ちゃんにミックスしてもらったのも良かったけど、今になってみるとやっぱり自分でミックスしたヤツの方が良い。完成度としてはイマイチなのかもしれないけど、全てがまぎれもなく「自分」だ。

大切な何かを思い出した、そんな夜。